おいしいと安全がつながるね

製粉関連事業

サイロ・倉庫事業部

サイロ全景

サイロ全景

サイロ内部

サイロ内部

サイロ・倉庫事業部

原材料を衛生的に保管する高性能サイロ。

小麦の国内消費のうち約87%は輸入でまかなわれており、その内訳はアメリカ約56%をはじめカナダ、オーストラリアでほぼ100%を占めています。
飯坂製粉では大阪湾にある高石埠頭を窓口に、埠頭事業部が海外から流入してくる小麦などの穀物の荷揚げから出荷までを担当。
最新の充実した設備と一貫した管理システムを駆使して行っています。

コントロール室

コントロール室

大阪港第一位の保管能力を誇る8万トン以上のスケール。

8万トン以上の収容力を持つサイロは、その内7万トン以上が食糧庁の指定を受け、信頼性の高い性能を誇っています。収容スケールでは大阪港第一位の保管能力を有しています。他に、米穀専用倉庫として1,700坪の定温倉庫を持ち、農林水産省管理米及び自主流通米等の保管をしています。

低温倉庫3号

低温倉庫3号

設備概要

サイロ 保管能力 82,242トン(政府指定/72,654トン)2万トンサイロ/20,634トン 旧3万トンサイロ/30,480トン新3万トンサイロ/31,128トン搬入能力/600トン/ 時間 ニューマチックアンローダー2基 搬出能力/600トン/ 時間 150トン/ 時間4系統
定温倉庫 1,700坪(5,610)保管能力/15,000トン(内 政府指定/4,200トン)
農林水産省指定[近海倉庫第29号(倉許第2号)]